大腸がんはとっても厄介【自分自身の健康は自分で守れる様にする】

先生

早期発見、回復に繋げます

doctor

検査の重要性があります

からだの健康については、からだの内部にある大腸からアプローチをすると良い、ともいわれています。大腸は、毎日食事で摂取するものを運ぶ役割も果たしていますので、重要な部位でもあります。日本人には、がんの中でも、大腸がんの発生率が高いというデータが出ています。できるだけ深く進行する前に、発見される事が望ましいといえます。大腸がんの初期の症状としては、がんの発生部位によっても違いますが、血便が出たり、下痢と便秘を繰り返すなどの症状があります。血便が続くと、貧血状態になる事もあり、生活や仕事にも支障をきたす場合があります。大腸がんの場合には、健康診断の検査などで、早期発見をする事も可能です。1年に一回の検査を行うなども効果的な方法となります。

検査方法が複数あります

大腸がんを診断する方法としては、まずは問診から始まり、簡単な検便などを実施する事もあります。更に、直腸への指診であったり、X線検査、大腸内視鏡検査などがあります。他にも、超音波やCT検査なども実施されます。最近では小型カメラが内臓されたカプセルを飲んで、腸内の撮影を行うやり方などもあります。大腸がんが進行する以前に、定期健診などを実施するのは有効な方法です。唯、検査方法については、病院の医療体制、その他によって違いなどもあります。人によっては、様々な事由により、どうしても大腸内視鏡検査などは実施したくない、という場合もあります。この様な場合には、病院の医師に相談して、他の選択肢を探るなども可能な事があります。医師の指示に従って、検査を実施する様にしてみてください。大腸がんを克服するには、早期発見が重要になります。

がんの三大治療法

doctor

がん治療は病巣を直接切除する手術療法と抗がん剤を投与して細胞を死滅させる化学療法そして放射線を照射して死滅させる放射線療法の3つを単独または組み合わせて治療が行われます。しかし最近は緩和療法や漢方薬、温熱療法、理学療法などが取り入れられるようになっています。

血液やリンパを流れる

腹痛

転移がんは血液やリンパを流れて全身の臓器などに移ります。抗がん剤や手術を行えばほとんどは元の臓器から出てくることは無いのです。しかし出てきた時は自分の細胞を活性化させ増殖し、がんになった臓器の細胞と入れ替えることで、健康な人同様に生活できるようになるのです。

がんを治療する

hospital

十二指腸がんは初期症状が出にくいがんですが、腹痛や黄疸などの症状が出た場合には、がんの発生を疑って病院での検査をするのが良いです。規則正しい生活を送ることや、ストレスを溜めないことでがんを予防することができます。生活習慣を少しずつ改善していくよう努力しましょう。