大腸がんはとっても厄介【自分自身の健康は自分で守れる様にする】

先生

がんの三大治療法

doctor

それぞれの特徴

何らかのがんの告知を受けた場合には、基本的ながん治療法として「手術療法」「化学療法」「放射線療法」の3つが提案されることが多いです。手術療法は病巣を直接切除するがん治療法です。切除可能であると判断された場合には転移部分も含め積極的に手術が行われます。すべて取り除くことができれば完治させられる可能性が高いですが、病巣を切除することで臓器などがなくなってしまう場合はあります。化学療法は抗がん剤によりがん細胞を死滅させ治療していくものです。切除できない部分や小さな転移にも効果を示しますが、薬による副作用があります。放射線療法は放射線を照射することによりがん細胞を死滅させるものです。外から照射するものが一般的ですが、病巣に直接注入するものや内服投与するものなどもあり、X線だけでなく陽子線療法や重粒子線治療なども実用化されるようになっています。

そのほかの治療法

がん治療は上記に挙げた3つの治療法を単独または組み合わせながら進められることがほとんどですが、最近では完治させることだけでなくがんの痛みや辛さを軽減させる緩和療法というものも注目されるようになっています。緩和といいますと終末期にがん治療が困難である場合などに行われるようなイメージが強いですが、治療の初期段階から緩和療法を取り入れ痛みや辛さを軽減させることのより治療を効率よく進めていくことが重要であるという考え方になっていっています。また三大治療法を補うために漢方薬を利用した治療やがん病巣に熱を当てて細胞を死滅させる温熱療法また理学療法も取り入れられるようになっています。がん治療は辛く痛みが伴うものという考えから、それらを如何に取り除くのかという考えになっています。