大腸がんはとっても厄介【自分自身の健康は自分で守れる様にする】

先生

がんを治療する

hospital

がんの中でも発症率の低い、十二指腸がんですが、早期発見が早期治療に繋がります。十二指腸とは胃と小腸をつなぐ消化管のことをいいます。そこに腫瘍ができることを十二指腸がんといいます。十二指腸がんの原因は不明な点も多いですが、良性腫瘍から変化して発症してしまう場合が多いです。このがんは早期の場合、初期症状はほとんど見られません。十二指腸がんは病状が進んで行くにつれて様々な症状が出てきます。例えば、腹痛や嘔吐、体重減少などの症状です。しかしさらに進行が進んでいくと黄疸などの症状が見られます。これらの症状が出てきた場合や、おかしいと違和感を感じたらすぐに病院で検査することをお勧めします。少しでも早くがんを見つけることで、治りやすくなります。

まず十二指腸がんは内視鏡検査で診断されます。医師の判断や、医師とよく話し合って今後の治療法を決めていくことが大切です。治療法は、手術療法、放射線療法、薬治療などがあります。多くの場合が手術療法で治療されます。腫瘍が大きくなって、胃のところまで影響が出ている場合は胃を切除する場合もあります。放射線療法と薬療法の体への負担は、手術療法より少ないですが副作用が出る場合もあります。それぞれの治療法の説明をよく聞いて、医師と相談して決めていきましょう。十二指腸がんは偏った食生活や過度のストレスによって発症してしまう場合が多いと考えられています。そのため、栄養バランスの良い食生活を心がける、ストレスの発散方法を習得するなど、今の自分の生活習慣を見直して規則正しい生活を送るように心がけてください。