大腸がんはとっても厄介【自分自身の健康は自分で守れる様にする】

先生

血液やリンパを流れる

腹痛

合併症の予防

転移がんは細胞が増殖して血液を流れて全身を巡ると言われています。それによってたどり着いた先の健康な臓器にある細胞をがん細胞に変えていくのです。するとその臓器に転移がんは増えていくという仕組みになります。また血液だけではなくリンパから広がる事が多いケースもあります。ですが現在化学療法でがん細胞を減らす事が出来るのです。リンパは手術により切除する事で広がることが出来ないようになるのです。転移がんが全身に広がる事が無いようにするのです。そのため患者さんの免疫力はかなり落ちてしまうのです。また免疫力が弱くなると感染しやすくなるのです。転移がんにならない体を作っていく必要があるのです。それは体力をつけて免疫力をアップさせるという方法になります。さらに病院により様々な方法で免疫力をアップさせるように体調を整えているのです。

必要最小限でも生きられる

転移がんでがん細胞が増えた臓器は化学療法や手術を受けて必要最小限の臓器で生活していくことになるのです。最小限の臓器は普通の大きさの臓器以上の働きをするのです。人の体は足りないところを補いながら生活が出来るのです。人によっては多くの臓器に転移がんが増えていっても生活に支障がほとんどなく生活できる人もいるのです。手術を繰り返しながら自らの細胞を増殖させて移植をするという治療方法で免疫力があがり健康な体に戻るからです。無理をしない様に生活環境を工夫することで叶うことなのです。この様な細胞は体の一部です。体を守るためには嗜好品やアルコールを控えたりやめることで健康な人と同じように生活が出来るようになっていくでしょう。また日々の定期健診も行なっていくのも転移がんを悪化させないために必要なことです。